a0206615_13532548.jpg

a0206615_13542795.jpg

私達の友人ヴェラさんは、津波が一瞬にして全てを持ち去って行くのを実際目にしました。
「全てを失った。でも私たちは新しい生活・命を得ることが出来た。」と彼女は震災後に話してくれました。彼女の旦那さん、3人の息子、義母は幸いにも無事で、現在は健康に過ごしています。

ヴェラさん一家は仙台市若林区荒浜に住んでいました。荒浜は仙台市の中でも都区に津波被害が大きかった地区の1つです。
毎年夏になると、荒浜地区の深沼海岸には沢山の人たちが集まり賑わっていました。わずか数分で、美しい風景が津波で失われました。

3月11日、ヴェラさん達は家の近くの指定避難所になっている学校へ避難しました。
「私達の身に起こった全てが夢の出来事のように感じる。今は、全てを失った事を受け入れる事が出来たが、はっきり言うと、未だに悪夢のように感じる。」
a0206615_13545319.jpg

上の写真のような美しい風景が自然の威力により、一瞬で荒れ果てた姿に変わる可能性があることは、本当に信じがたいです。

ヴェラさん達は学校に避難した後、着の身着のままの状態で、2週間ほど親戚の家にお世話になりました。震災から3ヶ月過ぎた今、私たちは彼女に現在の心境を聞きました。
「震災前に住んでいた場所からは離れているけれど、親戚の助けを借りて若林区内に家を借りることが出来た。私達には3人の子供と義母がいる為、仮設住宅の入居を待っていたら、ストレスが多くなるだろうと思い、家を借りた。親戚や友人のおかげで、私達は今元気に生活している。沢山の人たちにお礼を言いたい。私達を見捨てずに今もまだサポートしてくれているので、感謝の気持ちで一杯。彼らがいなければ、私達はここまで来ることが出来なかっただろう。」

3月11日から3ヶ月過ぎた今、震災から難を逃れた私達とヴェラさんは震災の経験を共有することが出来ました。ブラジル人ヴェラさんを通して、この悲しい経験を乗り越えて、再生する力が人間にはあるということを私達は伝えていきたいと思っています。


[PR]
# by brazilcafesendai | 2011-06-21 13:56 | 震災インタビュー
a0206615_14385487.jpg

a0206615_14283676.jpg

a0206615_142865.jpg

a0206615_14273625.jpg

a0206615_1427622.jpg


宮城県は東北地方にあり、県庁所在地は仙台市です。仙台市は宮城県のほぼ中央に位置しています。

2011年3月11日の出来事によって、“宮城県”という地名は世界中に知れ渡りました。
しかし残念な事に、震災直後は正しい情報が少なく、世界中の多くの外国人は宮城県がどこに位置するのかなど、把握するのが難しかったと思います。
インターネットからあらゆる情報をすぐさま得られる現在にも係わらず、世界各国では、震災の情報やニュースが真実かどうか分からず、パニックになりました。

仙台の沿岸部では津波の被害があり、観測史上最大のマグニチュードを記録した地震は、内陸部にも大きな被害をもたらしました。
しかし、何と言っても今回は津波の被害が甚大です。

ここで、簡単に仙台市について説明をします。
現在、仙台市の人口は約104万人で、大きく5つの地区(青葉区、若林区、宮城野区、泉区、太白区)
そのうち、宮城野区と若林区は海に面している為、津波の被害がありました。

この映像は、若林区荒浜の津波被害の映像です。

[PR]
# by brazilcafesendai | 2011-06-02 14:40 | 宮城県
a0206615_1524502.jpg

私の父方の祖父母と父は、仙台の沿岸地域“蒲生”で生まれました。
5人兄弟の末っ子の父がまだ赤ん坊の頃、祖父母は沢山の希望と息子達を連れてブラジルへ移住しました。
祖父母と父達がブラジルに移住してから何十年も経った後、今度は日系ブラジル人の私が、
ここ“仙台”に住むことになりました。
この街には特別な魅力があり、ちょっと郊外に足を運べば、山や、緑豊かな公園、そして海があります。
その一方、市内では大きな街特有のネオンが光っています。
この街は私にとって第2の故郷でもあります。私の祖父母にとってブラジルが第2の故郷であると同じように…。
仙台の街中はぱっと見、3月11日の出来事がウソかのように回復しつつあります。
[PR]
# by brazilcafesendai | 2011-06-01 15:33 | Brazil Cafe
a0206615_15552121.jpg

今日からブラジルカフェ仙台のブログスタートします。
今、私たちがここに居られるのは本当に幸運です。

私たちは、今回の震災で困難な状況に陥りましたが、それを皆で力を合わせて乗り越えられると信じています。
そのような方々の交流の場になればと思い、ブログを開設しました。

2011年3月11日の出来事を決して忘れる事は出来ませんが、私たちは前に進む必要があります。

このブログを通して、仙台・宮城県の今を世界の人たちに伝えていきたいと考えております。

皆さんの応援宜しくお願い致します!

Brazil Cafe Sendai
[PR]
# by brazilcafesendai | 2011-05-19 15:56 | Brazil Cafe